福島で屋根リフォームをご検討の方へ 住まいの個性を創る総合瓦屋根工事業 株式会社フクヤマ

サイトマッププライバシーポリシー
福島で屋根リフォームをご検討の方へ 株式会社フクヤマ ホームページを見たと一言おっしゃってくださいTEL:050-7576-5901お問い合わせ
ホーム 会社概要 施工事例集 工法の種類と流れ 知っておきたい知識 お問い合わせ クイック見積り
HOME > 屋根リフォームの知っておきたい知識 > 屋根材に必要な条件

お電話での受付・お問い合わせは 050-7576-5901

知っておきたい知識TOP
屋根の状態を簡単チェック
屋根材の特長を比較
屋根材に必要な条件
屋根面積の概算算出方法
お取り扱い商品一覧
クイック見積り
お問い合わせ
屋根材に必要な条件
一覧へもどる
屋根に求められる条件とは?
全ての屋根材には一長一短があり地域によっても変わります。
また屋根材は想像以上に様々な働きをしているのです。

ここでは理想の屋根材を選ぶ上でのポイントを説明します。

屋根のコンディションを最適に保つには、これらの条件を満たす必要があります。
これが分かればあなたのお住まいにあった理想の"屋根"が見つかるでしょう。
水はけが悪いと年月が経つにつれて屋根材の隙間や裏に苔やカビが生えることがあります。
放置しておくと屋根の老朽化が進み、雨漏りの原因になります。
雹(ひょう)などの飛来物や地震による落下、衝撃に耐える屋根材を選びましょう。
積雪による荷重など私たちの知らない所で屋根は様々な試練にあっています。
火事の一因には、もらい火がありますが、それを防ぐのが耐火性です。
粘土瓦や金属は不燃性のため、耐火性があります。
その他の屋根材については不燃材に指定されていることが必須です。
高温多湿な日本では、ものが腐ったり、錆びたりしやすい、そのため通気性を確保することが重要です。
瓦などのように屋根材どおしの隙間や、屋根材と野地板間に隙間があると屋根の内部への通気性が上がります。
原材料面では金属製が他の材料に比べ断熱性が低いといえます。
形状では屋根材と野地板との間に空気層があり通気性のあるものが優れています。
そのため原材料のみでの判断より、屋根材の表面温度と野地板裏温度との差が大きいものが断熱性に優れているといえます。
屋根材を重ねた部分からの水の浸透度合い。
重ね量が短かったり、野地板との隙間が無い場合、細い隙間に雨水が入り込み、雨漏りの原因になります。
台風などの強風に対するハガレにくさやズレにくさです。
屋根材の重量よりも確実に固定されているかが重要です。
地震の多い日本では耐震性が重要です。
屋根材の重量も耐震性に影響があると言われています。
家の地震対策には屋根も見直してみましょう。
屋根材の厚み・重量・野地板との密着度によって遮音性は変わります。
薄い材質や野地板との密着度が高いほど、外の音が室内に伝わりやすくなります。
屋根材自体にも吸水性があります。
表面塗装などにより素材の防水性を保っていますが、はじめから吸水性の低い素材を選ぶこともポイントです。
寒冷地では氷結を防ぐため吸水性の低い屋根材が使われています。
雨粒の衝突によって変形した屋根材が元の形状に戻るときに出る音をいいます。
一般に薄くて軽量な屋根材ほど発音性が高くなります。また野地板に密着していると雨音は天井裏に伝わりやすくなります。
雨露での濡れる乾くの繰り返しや、紫外線による劣化の影響を受けます。
地域の環境や、メンテナンスの度合いによって変わります。
施工時にまず考えるのが「価格」でしょう。
当然安いことにこしたことはありませんが。安さだけを追求するのは考えものです。
屋根材の特徴をしっかりととらえた上で、その金額に合っているかを見極める必要があります。
また現代の住宅事情を考えると、近隣住民への影響を考え、短い期間で工事が完了できることが望ましいと言えるでしょう。

さらにペンキの塗り替えなどメンテナンスの費用や回数も少ないにこしたことはありません。
解体後の処理 葺き替え時に出る古い屋根材は産業廃棄物となり、処理のためには費用がかかります。
葺き替え時に出る古い屋根材は産業廃棄物となり、処理のためには費用がかかります。
しかしアルミなどの材料はリサイクルされるため、逆に買い取ってもらうことができます。
一覧へもどる
屋根リフォームクイック見積り
屋根リフォームの株式会社フクヤマ
屋根のことならおまかせ!お気軽になんでもお尋ねください。
TEL:050-7576-5901
〒963-8061 福島県郡山市富久山町福原陣場81-31
TEL:050-7576-5901 / FAX:024-932-3309
無料ご相談・お見積もりはこちら