福島で屋根リフォームをご検討の方へ 住まいの個性を創る総合瓦屋根工事業 株式会社フクヤマ

サイトマッププライバシーポリシー
福島で屋根リフォームをご検討の方へ 株式会社フクヤマ ホームページを見たと一言おっしゃってくださいTEL:050-7576-5901お問い合わせ
ホーム 会社概要 施工事例集 工法の種類と流れ 知っておきたい知識 お問い合わせ クイック見積り
HOME > 屋根リフォームの知っておきたい知識 > 屋根材の特長を比較

お電話での受付・お問い合わせは 050-7576-5901

知っておきたい知識TOP
屋根の状態を簡単チェック
屋根材の特長を比較
屋根材に必要な条件
屋根面積の概算算出方法
お取り扱い商品一覧
クイック見積り
お問い合わせ
屋根材の特長を比較
一覧へもどる
屋根の重要性
屋根は、常に住まいを守り続けてます。
夏の灼熱の日差し、台風や強風、冬の厳しい寒さや積雪など、過酷な条件下で常に住まいを守っています。

ここでは、みなさんに屋根材について、少し関心を持っていただきたいと思います。
屋根材によって、特徴や住まいの印象もガラリと変わりますし、外壁と共に住まいの「顔」として、長い付き合いになるのですから。
主な屋根材比較!リフォームひとくちコメント
LIXIL T・ルーフ 天然石付きガルバニウム鋼板屋根材
T・ルーフ 天然石付きガルバニウム鋼板屋根材 似た商材は数あるが、品質が秀逸なのでフクヤマではLIXILの「T・ルーフ・クラシック」(瓦タイプ)と「シェイク」(平板タイプ)を取り扱っている。
表面の抵抗力で基本的に雪止めが不要。瓦より金額は高いが、軽くて地震・台風にも強く、メンテナンスフリー。
色の塗り替えも不要。その上LIXILが基材を30年保証するので安心◎。
カバー工法で化粧スレート屋根のリフォームには最適。
トタン屋根 薄い鉄板にサビを止めるメッキなどを施した屋根材で、緩い勾配の物件も多い。
構造や施工方法は野地板に密着させるシンプルなものなので建物への負担が少ない。
金額は比較的安価。デメリットとしては断熱性・遮音性に劣る。
またサビた場合には塗り替えなどの維持費がかかる。
葺き替えを考える場合には、勾配や柱の耐力確認も必要。勾配が緩すぎると瓦は葺けない。
プレスセメント瓦 セメントモルタルを高圧プレス成型した瓦で、かつては厚形スレート瓦と呼ばれていた。
寸法精度に優れ、1枚の大きさは陶器瓦より大判。
洋風・和風・平板など形状やカラーも多様で好評だが、現在ではシェアが減っている。
瓦自体は長持ちするが、経年変化による色褪せが気になれば塗り替えでイメージを変えることもできる。
アスベストは含んでいないので「撤去処分」が伴うリフォーム工事でも問題ない。
陶器製平板瓦 粘土を焼いて作った平らな瓦。
地元では製造していないので、県内で使っているのは三州産の瓦がほとんど。
メーカーも、形状も、色も多種多様。販売シェアでは日本瓦を抜き、瓦の主力となっている。
日本瓦のような鬼瓦は付かないので棟の高さは低く、和風・洋風共に合い、防災面でも優れる。
全枚数ステンスクリュー釘で留めている。釉薬を塗った焼成品なので、色の塗り替えなどは不要。
陶器製日本瓦(和瓦) 粘土を焼いて作った瓦。
最近までは県内にも窯元が数社あったが、現在では愛知県の三州瓦を仕入れて使っている。
重さで敬遠されがちだが、かなり根強い人気があり、現在では適切な施工によって地震や台風などでの不安も大幅に減っている。
十数年経つと取り合い部に(モルタルの崩れなど)メンテナンスを加えることが必要で、そうすれば長持ちさせることができる。色の塗り替えは不要。
化粧スレート 繊維を混ぜたセメントを薄い板状に成形したもので、県内にもかなりの棟数がある。
十数年前からは全て無石綿に改良されているが、かつてコロニアルやカラーベストやフルベストなどと呼ばれるものには微量のアスベストが含まれていた。
ゆえに現在では葺き替えなど「撤去処分」が必要な工事の場合には数多くの規制があって、高額な費用がかかる状況。
そのためフクヤマでは、LIXIL T・ルーフなどでのカバー工法をお勧めしている。
一覧へもどる
屋根リフォームクイック見積り
屋根リフォームの株式会社フクヤマ
屋根のことならおまかせ!お気軽になんでもお尋ねください。
TEL:050-7576-5901
〒963-8061 福島県郡山市富久山町福原陣場81-31
TEL:050-7576-5901 / FAX:024-932-3309
無料ご相談・お見積もりはこちら